★おしらせ★オルビスの最高峰ライン!新登場【ドットシリーズ】を1,200円で試せるチャンス!くわしくはこちらから

トンボが車のボンネットやフロントガラスに産卵!その理由と対策・対処方法

そうじ・DIY

トンボが車のボンネットやフロントガラスに産卵!その理由と対策・対処方法

2018-08-14

こんにちは、吉岡てんぱです。

8月中旬になると毎年車に白い点々のラインがつきます。

最初は何かわからずに、誰かにいたずらされたのかと不安がっていたりもしましたが、今となってはある意味「風物詩」…

実はその点々、トンボの卵なんです。

 

 

しかしなぜ、トンボは車の天井やボンネット、フロントガラスに卵を産んでしまうのでしょうか。

またトンボが卵を産まないようにするための対策や、卵を産みつけられた後にすべきことはあるのでしょうか。

 

てんぱ
トンボの卵で車が汚れるのも嫌ですし、産卵の瞬間に死んでいく卵も気の毒なので、トンボの産卵と車の関係について調べてみました。

 

本日も最後までおつきあい、よろしくお願いいたします。

 

トンボが車に産卵する理由

 

トンボは通常どこに産卵するかご存知ですか。

稀に例外はあるものの、トンボはきれいな水面に卵を産みつけます。

きれいな水面は、太陽の光を白く反射してキラキラしていますよね。

きれいな車は、太陽の光を白く反射してキラキラしていますよね。

そうです。つまり

 

トンボは車のボンネットや天井を水面と間違えて産卵してしまっている

 

ということなんです。

 

てんぱ
そのためトンボは、太陽光を白く反射させやすいフロントガラスや、黒・紺・ガンメタ・パール系の車のボディによく産卵します。

 

\ ボンネットに産み付けられた卵 /

 

ちなみに私の車は紺色。

濃いパープルの車のときより紺色の車に買い替えてからの方が、トンボの産卵量が圧倒的に増えました。

 

スポンサーリンク

 

車に産んだトンボの卵はどうなっちゃうの?

 

夏の間、トンボは水面と勘違いしてどんどん車に産卵していきます。

しかし残念ながらこの時期の車の天井やボンネット、フロントガラスは灼熱地獄。

 

トンボの卵は産み付けられた瞬間に熱に侵され、死んでしまいます。

 

少しかわいそうではありますが、こればかりはどうしようもありません。

ただトンボは1匹で数千個の卵を産む種類もいます。

車に産んだ卵は死んでしまっても、きっとどこかの水辺でちゃんと卵が育っているはず…。

 

てんぱ
そう考えると少し救われますよね。

 

スポンサーリンク

 

トンボが車に産卵しないようにするための対策方法

 

 

トンボが車に散乱させないようにするには、車をトンボから保護するしかありません。

ただ、卵が焼き付くことで塗装にシミが残ることもあります。

 

てんぱ
気になる場合は夏になる前からしっかり対策をしておきましょう。

 

トンボに産卵させないための対策1.カーポートをつける

 

私の家のお向かいさんは黒い車に乗っていてとてもきれいに手入れされており、いつも車がぴかぴかです。

しかし、ここに越してきて一度もトンボに卵を産み付けられたことがないとのこと。

お向かい酸とわが家の違い…それはカーポートの有無です。

カーポートがあると車自体に直射日光が当たらないため、水面のようにキラキラ光ることもなくなります。

そうすることでトンボが産卵しに来るのを防げているようです。

 

トンボに産卵させないための対策2.洗車を控える

 

トンボは手入れの行き届いたきれいな車に卵を産む傾向にあります。

そのため、私も洗車後すぐにトンボが卵を産んで「えー?」と悲しい気持ちになりました。

その点を考えると、トンボが産卵する時期は洗車を控えるのもおすすめの対策。

トンボの産卵時期は大体8月中旬~10月ごろと言われています。

その間は洗車の頻度を落として、車の表面を少しマットにしておくと、トンボも間違って産卵しに来なくなるはずです。

 

トンボに産卵させないための対策3.カバーをかける

 

普段ほとんど動かさない車の場合は、カバーをかけるのもおすすめです。

またフロントガラスばかりにトンボが産卵する場合は、窓用のカバーをかけるのもいいですね。

遮光タイプのカバーものは車内の温度上昇も抑えるので一石二鳥です。

 

 

トンボが車に産卵したときの対処法

 

 

トンボが車のボンネットや天井、フロントガラスに産卵してしまっても、ほとんどの場合すぐに乾燥してぽろぽろになります。

そのため、洗車後すぐにトンボが卵を産んでしまった場合も改めて洗車をしなくてもOK!

車用のダスター(ほこり取り・ハタキ)で軽くなでるだけで卵がきれいに取り除けますよ。

 

 

頑固な卵には鉄粉除去用粘土がおすすめ

 

それでも取れないくらいトンボの卵がこびりついてしまった時は、鉄粉除去用の粘土を使用すると車を傷つけずにきれいに卵だけ取れるので便利です。

 

created by Rinker
Surluster (シュアラスター)
¥634 (2020/11/25 15:31:25時点 Amazon調べ-詳細)

 

フロントガラスはスクレーパーできれいに

 

フロントガラスの場合は、ウォッシャー液を出してワイパーをかければ取れるものが多いです。

ガラスは傷がつきにくいので、トンボの卵がこびりついてしまったときは爪やスクレーバーなどでこすり取りましょう。

 

created by Rinker
SK11(エスケー11)
¥460 (2020/11/25 15:31:26時点 Amazon調べ-詳細)

 

トンボも子孫を残そうと必死だから怒らないであげよう

 

 

トンボがあまりにもたくさんの卵を産み付けるものだから「腹を立てた車のオーナーが駐車場の周りにトンボを捕殺しよう躍起になっているのを見かけた」なんて声も聞きます。

 

てんぱ
確かに洗車後にたくさんの卵を産み付けられていると、いらっとしますよね。

 

ただトンボも悪気があるわけではなく、子孫を残そうと必死になっているだけです。

トンボが卵を産む時期になったら人間側で対策をし、トンボが間違って車に産卵しないようにしてあげるのが正しい対処法ではないでしょうか。

トンボが車にたくさんの卵を産み付けても怒らずに、きちんと水辺で卵が産めるよう祈ってあげてくださいね。

 

・・・

 

本日も最後までお読みいただき、ありがとうございました。

♦オリジナル以外の写真提供元:pixaboy / PhotoAC
♦オリジナル以外のイラスト提供元:いらすとや / IllustAC

♦Icons made by Freepik from www.flaticon.com

\ この記事はどうでしたか? /

-そうじ・DIY
-,

© 2020 てんぱのぺこぺこブログ