もう失敗しない!美容院での髪型オーダーのコツと持参画像の選び方

美容院雑学

もう失敗しない!美容院での髪型オーダーのコツと持参画像の選び方

2015-08-31

美容院で失敗する人の多くは、美容師への最初のアプローチでもある「髪型のオーダー」で失敗していることがほとんど。

 

はじめて行く美容院では特に緊張してしまい、なかなかうまく髪型のオーダーを伝えられないこともありますよね。

 

そんなときは…

 

元美容師:AVY
雑誌の切り抜きやネットのスクショを持参してくれると助かります!

 

という美容師が圧倒的多数なのでまずは画像を持参してみてください。

言葉ではなく画像でオーダーを伝えられるので、「バングが~」「レイヤーが」など専門用語も一切不要!

というわけで本日は、

 

  • 美容院で失敗しないオーダーのコツ
  • 美容院に持参する画像の選び方

 

をご紹介。

高いお金を払うなら、思い描く通りの髪型に仕上げてもらえるよう少し準備をしてみましょう。

 

\ 30%オフ特別クーポン配布 /

クーポンコード[ lutymask ]:※11月15日まで


美容院に持参するイメージ画像を選ぶコツ

 

 

私は普段美容サイトでなりたい髪型を探し、スクショを取って美容師に見せオーダーします。

が、はじめてスクショを持参したとき、

 

元美容師:AVY
真正面から見た画像がないと難しい…。

 

と言われ、結局美容院のヘアカタログで似た画像を探すという事態になり、美容師にたいへんな迷惑をかけてしまいました。

 

美容院でのオーダー用画像は正面から見た画像を1枚は用意しよう!

 

また、SNSから画像を選ぶ場合は、首を斜めにしている画像は長さがわかりにくいとのこと。

美容院でのオーダー用画像は複数枚あっても問題ないので、数枚用意し美容師にチェックしてもらってもいいですね。

 

確実に再現してほしい髪型があるなら、ヘアカタログで画像を見つけるのがおすすめ。

 

ヘアカタログだと、正面・横・後ろからの3カットが載っているので、美容師も再現しやすくなるんだそうです。

 

\ オーダーが楽になるヘアカタログ /

 

腕のいい美容師ほど再現度が下がる!?

 

美容院に画像を持参して髪型をオーダーしても、仕上がりが異なりすぎて「失敗した」という人も多いです。

しかし、実は腕のいい美容師ほど持参した画像と仕上がりのギャップが多いという説があります。

というのも、画像通りに髪の毛を切るのはほとんどの美容師ができること。

 

その髪型をお客様1人1人に似合うようアレンジしてくれるのが、真の"腕のいい美容師"だったりします。

 

参考画像のモデルと骨格や顔・頭の大きさが違う場合、美容師は(この髪型ちょっと似合わないな~)と思ってしまうこともあるとのこと。

 

  • それでも画像通りの髪型に仕上げてほしいか
  • 画像とは少し異なっても似合う髪型に仕上げてほしいか

 

考え方は人それぞれですが、なかなか美容師は「似合わない」というフレーズを使いたがらないので、美容師の方針と合わないようなら別の美容院に変えることも検討してみましょう。

 

スポンサーリンク

 

美容院での髪型オーダーのコツ~言葉編~

 

 

上述のとおり、美容院で髪型をオーダーする際一番失敗が少ないのは、オーダーしたい髪型の画像を持ち込むことです。

しかし、テレビで気になった人やショップの店員さんの髪型など、なかなか画像を美容院に持ち込めないこともありますよね。

そういった際は、次の5点を美容師に伝えられるよう準備しておきましょう。

 

  1. なりたい長さ(パーマをかけてこのくらい…など具体的に)
  2. なりたい軽さ(重めの仕上がりor軽めの仕上がり)
  3. なりたいイメージ(かわいい系orきれい系など)
  4. なりたくないイメージ(これだけは絶対ない!と思う髪型)
  5. 過去の失敗例(パーマがかかりすぎる、すぐに髪色が抜けるなど)

 

ここまで伝えると大体のイメージが美容師に伝わるはず。

しかし、いつも同じ美容師に担当してもらっている場合はここまで言わなくても伝わるかもしれませんね。

逆に新しい美容師にお願いするときは、ここまで伝えてもうまく伝わらないことも。

特に、髪型を作るうえで重要なカットでは、「ん?」と思うことがあったらその都度伝えましょう。

 

元美容師:AVY
美容師は仕上がりが不満そうなお客様を見るのが本当につらいです。

 

少しの「ん?」と思った点ならある程度修正が可能。

思ったことはどんどん伝えていきましょう。

 

美容師が一番困る!「お任せ」オーダー

 

あなたは美容院で「お任せします」と、言ったことはありますか?

 

元美容師:AVY
実は、美容師が一番困るオーダーが、この「お任せします」なんです。

 

中にははじめてのお客様が「お任せします」とオーダーし、仕上がりに文句を言ってくることもあるんだとか。

「お任せ」オーダーにすると、美容師は「長さ・カラー・パーマの有無」など質問してきます。

すべてをお任せにせず、質問に答えながら似合う髪型を一緒に探していく努力はしてくださいね。

 

スポンサーリンク

 

美容師は心が広い人が多い!

 

 

雑誌やネットでモデルになっている人はかわいい人が多いので、同じ髪型をオーダーして「勘違いすんな!」と思われたらどうしよう…と不安になることはありませんか?

ましてや、画像を持っていってオーダーした時に「は?何様?」なんて思われたらどうしようと考えると、なかなか有名人の画像は持参しにくいです。

 

元美容師:AVY
でも、安心してください!

 

それを似合わせるのが、美容師の腕の見せ所です。

それに、美容師は「他人を美しくすることを仕事にしている」人たちなので心が広く、意外とハードルが高い方が燃える人も多いんだとか。

なかなかなりたい髪型をうまくオーダーをするのは難しいですが、画像や言葉を上手に使って、理想の髪型に仕上げてもらう努力をしてきましょう。

 

関連記事
髪の長さ別"呼び方"解説!ショート~ロングの違いと見極め方
髪の長さ別"呼び方"解説!ショート~ロングの違いと見極め方

こんにちは、吉岡てんぱです。 美容院で「どんな髪型にしますか?」と聞かれて言葉に詰まったことはありませんか? 私は以前、 ...

続きを見る

 

おすすめ
美容院には予約時間の何分前に着けばいい?迷惑がられる時間と対応方法

こんにちは、人の顔色をうかがいながら日々生きている”コミュ障”ブロガー吉岡てんぱです。 美容院に行くのは大好きですが、行 ...

続きを見る

♦オリジナル以外の写真提供元:pixaboy / PhotoAC
♦オリジナル以外のイラスト提供元:inustock/いらすとや / IllustAC

♦ページ内に掲載している商品情報・販売価格(すべて税込み)は記事更新時のものです。詳しくは各商品ページからご確認ください。

 

 

-美容院雑学
-

© 2021 REFLECTION