髪の長さ別"呼び方"解説!ショート~ロングの違いと見極め方

美容院雑学

髪の長さ別"呼び方"解説!ショート~ロングの違いと見極め方

2015-08-29

こんにちは、吉岡てんぱです。

美容院で「どんな髪型にしますか?」と聞かれて言葉に詰まったことはありませんか?

私は以前、美容院で「ショートにしたい」と話した時、想像以上に短い髪型を提案されて驚いたことがあります。

実は髪の長さ別の呼び方は客と美容師・アシスタントの間で若干の差があるようで…。

とはいえ、なりたいイメージをことばで伝えられないのは不便ですし、美容院ではロング料金も変わってきます。

そこで本日は、美容院で髪型をオーダーするときに使える

 

  • 長さ別の髪型の呼び方と見極めポイント
  • 微妙な髪の長さのときチェックしたいポイント

 

についてご紹介します。

 

美容院で正確なオーダーを通すためにも、また予定外のロング料金を取られないためにも、美容院に行く前に一度確認してみてくださいね。

 

\ 30%オフ特別クーポン配布 /

クーポンコード[ lutymask ]:※11月15日まで


ショートヘア・ショートボブは段の有無をチェック

 

 

まずはショートヘアとショートボブの違いから見ていきましょう。

ショートヘアは美容院でも追加料金がないことが多いのですが、ショートボブの場合はミディアム料金が取られることもあります。

 

なりたい髪型の呼び方が曖昧な場合は事前に料金を確認しておきましょう。

 

ショートヘアの定義

  • サイドの髪の長さが耳下~あごのラインより上
  • 襟足がはっきり見える
  • 段がある(ひし形シルエットなど)

 

ショートヘアの特徴はなんといっても段!

頭の形がわかる髪型は、ほぼ確実に「ショートヘア」と判定されてロング料金の加算対象外になります。

 

ショートボブの定義

  • サイドの長さが耳下~あごのラインより上
  • 段がない
  • マッシュルームシルエット

 

ショートとショートボブは長さの違いはあまりないのですが、段があまりなく重さを残しながら丸く仕上がっている髪型をボブと呼びます。

 

スポンサーリンク

 

ミディアムとロングはサイドの長さで呼び方が変わる

 

 

続いては、美容院でもよく議論が交わされるミディアムとロングの違いについてお話します。

 

ミディアムとロングでは、ロング料金が1,000円以上異なることも。

 

※ミディアムとロングに関しては美容院ごとに定義が異なることもあるので、事前の料金確認をおすすめします。

 

ミディアムの定義

  • サイドのあご下のラインから肩くらいまでの長さ

※パーマの場合はパーマをかける前の長さ

 

ミディアムロングの長さは肩くらいまでの長さなのですが、肩の形や首の長さも人それぞれ。

体格によって同じミディアムでも印象が変わることが多いです。

ヘアカタログで髪型を探す際は、雰囲気だけでなく毛先の位置もしっかりチェックすべき。

理想と仕上がりのギャップ予防にも役立ちます。

 

ロングの定義

  • サイドの長さが肩より下

※パーマの場合はパーマをかける前の長さ

 

ロングヘアとは肩より下まで髪の毛の長さがあるものを指しますが、一部の美容院では肩~鎖骨までの長さならセミロングと呼ぶことがあります。

また、肩より長いならお尻くらいまで長くても、床につくくらいまで長くてもロング料金は同じ?と思いきや、ロング料金の表記が「+2,000円~」というような表記の場合、長さに応じてロング料金が加算されてしまうこともあるので要注意。

カラー剤やパーマ剤をたくさん使ってしまうので仕方ないのですが、最悪通常の施工料の倍以上費用が掛かることもあるので、不安な場合は事前に料金見積もりをお願いしましょう。

 

スポンサーリンク

 

【おまけ】知っておきたい髪型用語まとめ

 

 

美容院ではいろいろな専門用語が飛び交いますが、いつも忙しそうで「え?どういうことですか?」と尋ねることもできず、言われるがまま「はい、お願いいたします」となってしまうことも。

そこで美容師がお客様に対してよく使う言葉を解説しました。

 

元美容師:AVY
美容院に行った際の不安を解消するためにも、なんとなく頭に入れておくといいかもしれません。

 

レイヤー

 

髪型の「層」「段」のこと。

髪の毛のまとまりをよくしたり、髪の毛全体を軽くする際に入れます。

ただ、くせ毛や天パの場合はレイヤーを入れすぎると髪の毛が暴走することも…。

悩みや不安がある場合は、事前に美容師に伝えておきましょう。

 

グラデ

 

グラデとは毛先に向けて毛量を「グラデーション」のように軽くして丸みを帯びさせるカット方法です。

レイヤーは内側~外側の毛量を全体的に調節しますが、グラデの場合は外側の髪の毛が一番短く、内側の毛が一番長くなります。

 

シャギー

 

すきばさみを使って、毛先をかなり軽くすることです。

毛先を不揃いにカットするため、毛先に動きを出したい方におすすめ。

 

ワンレン

 

ワンレングスのことで、前髪からサイド・うしろまで同じ長さに仕上げることを言います。

直毛の場合はカットのテクニックによりかなり仕上がりの差が出てしまうので、腕のよい美容師に依頼しましょう。

 

ベースカット

 

「先にベースカットだけしますね~」なんて使い方をされることがありますが、これは土台のカットをあらかじめ行うことを指します。

その後シャンプーやカラー・パーマなどを行い仕上げるので、おおざっぱなカットでも安心してくださいね。

 

サイドパート

 

左右どちらか寄りで髪の毛を分けること。

真ん中分けのことは「センターパート」と呼びます。

 

バング

 

前髪のこと。

 

アイロンパーマ

 

ヘアアイロンを使用してパーマの形をつくること。

 

スパイラルパーマ

 

ロットに髪の毛をらせん状に巻いていくパーマで、ボリュームを出せます。

ロットの太さを変えることでかなり雰囲気が変わるので、オーダー時はなりたい髪型画像の持参が必須。

 

デジタルパーマ

 

ロットにコードがついていて、熱を加えながらパーマを作っていく方法。

パーマがかかりにくい人やきつめのパーマに仕上げたい人におすすめです。

 

スポンサーリンク

 

ロング料金のぼったくりから身を守ろう

 

髪型の長さ別の呼び方、ややこしそうに見えますが意外と基準を整理すると分かりやすいですよね。

 

髪の長さ別"呼び方"解説!ショート~ロングの違いと見極め方

出典:https://www.prospere.jp/

 

こちらは美容院のHPにて公開されている、髪の長さ別呼び方をわかりやすくイラストに著した例です。

美容院によっては、お客様とのトラブルを防ぐためにこのようなイラストを掲載していることもあります。

 

最近は格安美容院を謳いつつロング料金が割高になっていることも多いので、思わぬ出費が発生しないよう自衛するしかありません。

 

美容師は事前に料金について確認されることを特に「面倒」「うざい」とは思わないとのこと。

 

元美容師:AVY
むしろトラブルになった方が「面倒」という美容師が多いので、気になること・不安なことは来店時すぐにどんどん聞いてみてください!

 

♦オリジナル以外の写真提供元:pixaboy / PhotoAC
♦オリジナル以外のイラスト提供元:inustock/いらすとや / IllustAC

♦ページ内に掲載している商品情報・販売価格(すべて税込み)は記事更新時のものです。詳しくは各商品ページからご確認ください。

 

 

-美容院雑学
-

© 2021 REFLECTION