美容院雑学

美容院には予約時間の何分前に着けばいい?迷惑がられる時間と対応方法

2018-12-13

こんにちは、人の顔色をうかがいながら日々生きている”コミュ障”ブロガー吉岡てんぱです。

美容院に行くのは大好きですが、行くまでが大変。

 

 

などなど、美容院に到着し無事席に通されるまで、あれやこれや妄想しては不安がって…38歳になってもなかなか慣れられずにいます。

そんな美容院に行く前に抱きがちな不安の中から、本日は「美容院には予約時間の何分前につけばいのか?」を解決していきましょう。

ここでは、元美容師のAVYの意見を参考にしつつ、「美容師に迷惑がられないベストな到着時間」を解説。

 

いつも忙しい美容師が「〇〇さんは、いつもちょうどいい時間に来店してくれて助かる!」と思ってくれるようなタイミングで美容院へ向かいましょう。

 

\ 30%オフ特別クーポン配布 /

クーポンコード[ lutymask ]:※11月15日まで


美容院は何分前に行くのがベストなの?

 

 

まず最初に大切なお話が。

 

美容院でのカットの仕上がりは、美容師の気分で変わることがあります。

 

「美容師はプロでしょ?仕上がりはどんな客でも安定させるべき」と思ってしまいますが、美容師はプロである前に人間です。

お客様を美しく仕上げるにはある程度の心の余裕が必要。

「早く終わらせなきゃ」と焦ったり、「次に予定があるんですけど…」と急かされたりすると、どうしても普段通りの実力が発揮できなくなりがち。

そう、美容師の心理状態を乱すのは…

 

元美容師:AVY
「時間」に関するストレスです。

 

では、美容師が望む来店時間は何分前くらい?

 

元美容師:AVY
僕は10分前~5分前くらいですね。

 

1分前だとやっぱりダメ?

 

元美容師:AVY
遅刻するよりはいいですが、予約時間には席にご案内できる状態が一番なのでもう少し早いと助かります。

 

AVYだけでなく、多くの美容師が「お客様は5~10分前に来てくれると助かる」と思っているとのこと。

美容院に予約を入れる際は、ぎりぎりではなく少し余裕をもって予約を入れるといいですね。

 

ただ、美容院に行くのは早すぎるのもよくないもよう。その点について美容師AVYに聞いてみました。

 

スポンサーリンク

 

15~30分前の来店は正直焦りますby美容師AVY

 

 

気心知れたお客様なら15分前に来ようが30分前に来ようが「ちょっと待ってて!」ですむのですが、一般的なお客様が15~30分前に来店すると正直とても焦ります。

特に新規のお客様だと「待たせたらいけない!」と思って、急に時計が気になり始めますね。

僕たちからすると美容院という空間は落ち着いたいつも通りの空間ですが、美容院は「緊張する」「苦手」という人も多いです。

 

元美容師:AVY
そういった方たちがいることを知っているから、やはり待たせたくないという気持ちはとても強いです。

 

中にはお待たせしてしまいそうなことを伝えると「構いません」と快く言ってくださるお客様もいるのですが、それでもやっぱり焦ってしまうのが本音。

誰かが待っているという状況は、僕もそうだしスタッフや、時にはその方の前のお客様にもちょっとしたストレスを与えてしまいがちです。

またお客様が入れ替わる際の空き時間に「トイレに行こう」「水分補給をしよう」と考えているスタッフは、それができなくなって困ることも。

早く美容院に来ていただけることを「期待」と受け止めると、とてもうれしいことです。

ただ、やはりできれば5~10分前くらいに来ていただけると僕たちスタッフも万全の態勢でお迎えすることができるので、美容院へは予約時間の5~10分前にお越しください。

 

どうしても早く着きそうなときは

どうしても予約時間より早く着きそうな場合は、「早く着きそうなんですが、店内で待たせてもらってもいいですか?」と美容院に連絡するのもおすすめ。

前のお客様が早く終わっている場合、早めに席にご案内する準備ができますし、スタッフも焦らずにすむのでとても助かります。

 

スポンサーリンク

 

【重要】10分以上遅刻する場合は必ず美容院に連絡を

美容院に予約を入れていても、急な用事や電車の遅れで遅刻してしまうこともありますよね。

「遅刻しそうだな」と思った時点で、必ず美容院に連絡しておきましょう。

美容院の多くは30分刻みで予約を受け付けているため、10分以上遅刻するとどうしても仕上がりに影響が出てしまうというのが一般論。

 

元美容師:AVY
やはり遅刻してきたお客様のせいで、次のお客様の対応に遅れが出るのは確実に避けたいというのが本音です。

 

あまりにも遅れが大きい場合は、時間変更をお願いされることもあるかもしれません。

人気の美容院はスケジュールがパンパンです。

"お客様は神様"の精神ではなく、スムーズなタスク消化に協力する謙虚な気持ちで美容院・美容師と付き合っていけるといいですね。

 

スポンサーリンク

 

美容院への「報・連・相」でよい関係を築こう

 

 

「美容院っていつもなんだか忙しそうで電話しづらい…」という声も聞こえてきますが、困ったことや不安なことがあったらまず報告するためにも連絡し、相談することが大切。

 

学校や会社、プライベートをうまく回すのに欠かせない「報・連・相」ですね。

 

美容院は髪の毛だけでなく心も癒してもらえる場所であるべき。

しかし、美容師に心の余裕がなければそうも言ってられませんよね。

もう失敗しない!美容院での髪型オーダーのコツと持参画像の選び方でもご紹介しましたが、美容師は心が広い人が多いです。

勝手な判断で慌てるのは時間の無駄。

予約時間を守れなさそうなら速やかに連絡し、美容師にどうすべきかアドバイスしてもらいましょう。

そういったコミュニケーションを重ねるうち、きっとすてきな関係が築けますよ。

 

♦オリジナル以外の写真提供元:pixaboy / PhotoAC
♦オリジナル以外のイラスト提供元:inustock/いらすとや / IllustAC

♦ページ内に掲載している商品情報・販売価格(すべて税込み)は記事更新時のものです。詳しくは各商品ページからご確認ください。

 

 

-美容院雑学
-

© 2021 REFLECTION