ダイエットのモチベーション向上方法はビフォアフ写真撮影一択!

ママと子供のダイエット

ダイエットのモチベーション向上方法はビフォアフ写真撮影一択!

こんにちは、吉岡てんぱです。

「ダイエット目的で筋トレしよう」

「やせたいからお菓子をがまんしよう」

と決意しても、なかなか続かない人も多いようです。

しかし、そんな状態では明日「今日よりさらに太った自分」と対面するかも…。

そして今日より明日、あなたはさらにやせにくい体になっていて、ダイエットのゴールがどんどん遠くなっていってしまいます。

そうならないためにも、本日は、私が実践しているダイエットのモチベーション維持方法をご紹介。

タイトル通り「写真記録」一択なのですが、写真をどう活用するのかなど詳しくご説明します。

また写真をSNSで共有する場合の、アラサーアラフォー世代特有の注意点もまとめました。

写真は正しく”今の体”を写してくれ、客観的に自分を見られる優秀なアイテム。

 

てんぱ
スマホの撮影機能をフル活用していきましょう!

 

筋トレのビフォアフ写真をモチベーションアップにつなげるコツ

 

 

ダイエット情報を検索するとよく目にするダイエッターのビフォアフ写真。

中には「加工してるよね?」という胡散臭い写真もありますが、自分自身で撮影・保存している写真はきちんと”今の自分”を写してくれます。

ダイエットに励んでいると、

「なんだか痩せた気がする」

「お腹の肉が減ったかな?」

なんて思うこともあるのですが、なんせ確証が持てない…。

 

てんぱ
かといって、メジャーでサイズを測るのも面倒。

 

そんなとき、写真を通して客観的に自分の体を写真で見ることで「なんだか痩せた気がする」「お腹の肉が減ったかな?」というなんとなくな気持ちを確実な結果として受け入れられるはず。

そこでまずは、より確実な"今の体"を撮影するためにおすすめの撮影・保存方法をお教えします。

 

ビフォアフ写真の基本は「正面・側面」の2枚

 

ダイエットのビフォアフ写真を撮る際は、基本的に正面・側面から全身を撮影します。

※誰かに撮ってもらえるなら背中の撮影もおすすめ!

全身を撮影しておくと、画像比較時、身長をもとに同じ遠近感に調整しやすいから便利。

しかし、腕や脚など部分痩せを頑張りたい人はパーツを中心に写真を撮るのもいいですね。

 

てんぱ
写真はたくさん撮ってもスマホの容量を食うくらいしかデメリットはないので、気になる場所をたくさん撮影しておきましょう。

 

ビフォアフ写真はいつも同じ場所・同じポーズで

 

ダイエットのビフォアフ写真は基本的に同じ場所・同じ服装で撮影しましょう。

背景が変わるだけでも見え方が変わってしまうので、明るく無地の壁紙の前で撮影するのがおすすめです。

自撮りの場合は全身が写る鏡を利用すると便利。

斜めに立てかける鏡より、垂直に立っている鏡のほうが撮影が安定します。

もし姿見を持っていない場合、これを機に購入してみてもいいですね。

 

てんぱ
場所を取らず壁に穴をあけずに済む【壁掛けタイプ】が最近は人気のようです。

 

\ Amazonベストセラー1位 /

created by Rinker
MiraHope
¥4,756 (2021/05/05 22:20:58時点 Amazon調べ-詳細)

 

スマホは持つ角度によっても写り方がかなり変わってきます。

おすすめは【垂直持ち】!

タップが難しい場合はセルフタイマーを活用しながら、2~3枚撮影しベストな1枚を残しましょう。

 

加工アプリで左右に並べてビフォアフ比較

 

ダイエットのビフォアフ写真は加工アプリで左右に並べて比較するのがベスト。

私は操作が簡単なLINE Camera(App StoreGoogle Play)で画像を並べています。

身長を基準にビフォアフ写真のサイズを調整すればどうでしょう…

 

\ お目汚し失礼します /

ダイエットのモチベーション向上方法はビフォアフ写真撮影一択!

 

「お腹の肉が減ったな」と思って上記の写真を比較したのですが、

「太ももも若干細くなってない?」

「二の腕も細くなった??」

次々に変化に気づけてかなりモチベーションが上がりました。

同時に「太ももが太いからワイドスクワットの回数を増やそう」とか「二の腕のマッサージを追加しよう」といった反省点も明確にわかります。

(ポーズも撮影場所も服も違うじゃん!という突っ込みはご勘弁を…この比較画像を経ていろいろ学んだ次第です)

 

てんぱ
画像加工は直感的操作でできるアプリが多いので、スマホが苦手という方もぜひチャレンジしてみてください!

 

スポンサーリンク

 

ビフォアフ写真をSNSで共有するときの注意点

 

 

ダイエットのビフォアフ写真、しっかりダイエット効果が見えてきたら「誰かに見てほしい」「ほめてほしい!」と思うこともありますよね。

そんなとき便利なのがSNSです。

InstagramやTwitterには”ダイエット垢”たるものが数多く存在。

※私もダイエット専門垢ではありませんが、ダイエットについて日々ツイート中(気になる方はお気軽にフォローしてください★:@peco_reflection)。

ダイエット仲間がいるだけでダイエットのモチベーションが上がりますし、有益なダイエット方法もたくさん手に入れられます。

 

SNSに画像を投稿する際は無断転載に注意、不安なら投稿はやめよう

 

最近、ダイエット垢さんのビフォアフ写真を勝手に転載されたり、自分の画像かの如くツイートしたり…ネットリテラシーが恐ろしく欠如しているユーザーにより不快な思いをされているダイエット垢さんが増えています。

SNSにダイエットのビフォアフ写真を投稿する際は、誰かが勝手に保存したりスクショしたりする可能性を十分理解しましょう。

ビフォアフ写真の流出を防ぐために鍵垢にする方もいますが、フォロワー全員善人とも限りません。

ビフォアフ写真が知らないところで独り歩きするのが嫌なら、家族や友達にのみ写真を見せてモチベーションを上げたほうがいいかもしれませんね。

 

てんぱ
家族や友達のほうが率直な感想を聞かせてくれるので、励みになるかも?

 

自分の年代・環境に近いダイエッターをフォローして励ましあう

 

私はたくさんのダイエット垢さんをフォローさせていただいていますが、基本的に同世代のツイートばかりに目が行ってしまいます。

そのため、Instagramではダイエット垢のフォローはゼロ(若い人が多いうえ、案件投稿が多くてしんどかったです)。

基本的にTwitterのみでダイエット垢さんとつながっています。

もちろん10代・20代のダイエット垢さんもフォローしていますが、とにかく若い世代は【痩せる効率がよすぎる】ので、「彼女以上にがんばってるのにどうして私は痩せないの!」とネガティブになりがち。

結果的に「もうダイエットなんかやめちゃえ!」と思ったことが多々あるので、自分より若い人のツイートは励みにはしますが参考にはしていません。

ほかにも私は次のようなアカウントのフォローは避けています。

 

  • セレブなダイエッター(とにかくお金をかけている)
  • 商品紹介が多いダイエッター(そもそも存在理由が違う)
  • アドバイザー・トレーナー(求めてない)

 

また、できれば同じくらいの身長のダイエット垢さんを探してみましょう。

 

てんぱ
より似た環境のダイエッターの方がよきライバルとなり、がんばる原動力になるはずです。

 

スポンサーリンク

 

ダイエットに成功したかどうかは見た目で決まる

 

 

あなたはどうしてダイエットを始めようと思いましたか。

「健康のため」「恋人をつくるため」「太ったと言われたから」…など、いろいろな理由があると思います。

しかし結局それらのきっかけから生まれた目標をパスするには見た目を変えるしかないと思いませんか?

やっぱりダイエットに成功したら「やせたね」「がんばったね」と言われたい、と思うのは私だけではないはず。

体重がいくら5㎏減ったところで、見た目が変わってなければ誰にも気づいてもらえません。

特に30代・40代になってくると体重は減りにくくなるので、まずは体を引き締めて見た目を変えることから始めましょう。

 

てんぱ
そのために、ダイエットの写真記録はとても役に立つのではないでしょうか。

♦オリジナル以外の写真提供元:pixaboy / PhotoAC
♦オリジナル以外のイラスト提供元:いらすとや / IllustAC

♦Icons made by Freepik from www.flaticon.com

\ 応援よろしくお願いします /
にほんブログ村 美容ブログ 30代女磨きへ
にほんブログ村

 

\ エステで即やせっ /

 

-ママと子供のダイエット
-,

© 2021 てんぱのぺこぺこブログ